1. TOP
  2. 服は“買う”から“借りる”時代に!月額レンタルサービス社の比較

服は“買う”から“借りる”時代に!月額レンタルサービス社の比較

この記事のタイトルとURLをコピーする

突然ですが、みなさんは月の洋服代にいくら使っていますか?
今年に入り、数社が続々とローンチしている洋服の月額定額レンタルサービス。もしかしたら、毎月洋服を購入されている方は、“借りる”方がお買い得かもしれません。
そして“借りる”場合、所有しないので洋服の保管場所に困ることなく、飽きたら返却して新しい洋服と交換してもらうことができます。誰でも簡単に会員登録でき、取り扱いブランドも豊富♡
ファッションが苦手な方でも、スタイリストが自分の好みに応じて郵送してくれたりと、各社サービスがぞれぞれ異なるので、自分の好みに合ったとこを探してみましょう!
今回は5社を徹底比較。まずは各社の概要をまとめた表をみてみましょー!

サービス名

開始日

月額

取り扱いブランド

1回の
レンタル数

メリット
デメリット

メチャカリ 2015.9.6 ¥5,800

アース ミュージック&エコロジー
※自社ブランドの「E hyphen world gallery」GreenParksSEVENDAYS=SUNDAY」
を順次追加予定。

同時レンタル1回につき3点

■60日借りるとそのままもらえる
■返却時に、別途返却手数料500円(税別)/1回が必要

airCloset
(エアークロゼット)

2015.2.3 ¥6,800 契約ブランド数非公表 同時レンタル1回につき3点、交換回数に制限はない

■買い取り可
■スタイリストが服を選ぶので、自分で選べない
往復送料無料
クリーニングは不要

SUSTINA
(サスティナ)
2015.3.30 ¥5,800 aquagirl/JOURNALSTANDARD/SNIDEL/
SEE BY CHLOE/JILLSTUART/KBF
/MAISON DE REEFUR/
Stella McCartney/JOURNALSTANDARDなど。
同時レンタルできる商品の数は5つ ■往復配送料無料
クリーニングは不要
■レンタル期限なし
クリーニングは不要
■洋服、アクセサリー、バッグがレンタル可
Licie 
(リシェ)
2015.6

月額¥500
or
¥5,500
の2択

「23区」「FENDI」「GUCCI」「組曲」「BURBERRY BLACK LABEL」など。
数千円から数十万円までのアイテムを取り揃える。

■レンタル期間2週間(¥500のプランは1泊2日)

■実店舗があるため、直接見に行ける
■借りる点数で金額が選べる■1度に2点レンタル可
■買い取り可
クリーニングは不要
バッグや帽子、アクセサリーまでレンタル可能。

Laxus
(ラクサス)
2015.2.23 ¥6,800 ルイ・ヴィトン、シャネル、エルメス、グッチ、バレンシアがなどの11種類。
ブランドバッグ専門のレンタル。
■同時レンタル不可、1点まで 300種類以上のバッグを取り扱い

mechakari(メチャカリ)

screenshot_2015_11_2

アパレルのメーカーが自社の商品を定額レンタルする会社は、クロスカンパニーさんぐらいです。太っ腹!
ちなみにこちらのサービスは、こちらからアプリをダウンロードしていただき、モデルさんが着用しているコーデを参考にしながら借りたい服を選べるので、参考にしやすいところがいいですね!
「日常着をレンタルする」がコンセプトになっているので、デイリーユースしやすいラインナップが嬉しい♡また自社の商品をレンタル可としているので、品質の問題も難なくクリアーです。
earth music&ecology(アース ミュージック&エコロジー)をいつも購入していた人には、とっても嬉しいサービス!いつも購入していた人は、ぜひ利用しましょう。

airCloset(エアー・クローゼット)

screenshot_2015_11_2 (1)

自分でどの服を届けてもらうかは選択ができませんが、スタイリストが事前アンケートを元に好みのスタイリングを組んでくれます。
ファッションのプロに選んでもらえるので、いつも同じような格好になってしまう方や、自分に似合う物を客観的に選んでもらえるのがいいですね!逆に“自分で着るものは自分で選びたい!”って人には不向きかもしれません。
今後はアクセサリー・小物などのアイテムを導入予定のほか、男性やキッズ、マタニティ、シニア層もサービスが利用できるようサービスを拡大していくそう。個人的には、一時的にしか来ないマタニティ・ウェアは需要がありそうだと感じます。

SUSTINA(サスティナ)

screenshot_2015_11_4 (2)

洋服だけでなく、なんとApple Wachまでもレンタル可。購入を考えてる人は、これ目的で試してみてもいいかも。
サスティナのいいところは、最大5点までレンタル可能と他社に比べ数が多いのと、1ヶ月着倒して(自宅洗濯可能)この価格は破格といえるでしょう。
また専用アプリは、コーディネートが組まれた写真が掲載されているので、実際の着たイメージがしやすく、そのまま丸っとレンタルすることも可能。
ただ服のラインナップは、トレンド物とよりもベーシックな物や、やや個性的なアイテムが多いそうなので、事前によく確認した方がよさそうです。

Licie(リシェ)

screenshot_2015_11_4 (3)

WEBも既にオープンしていますが、Licie(リシェ)の特徴は、実店舗(東京の原宿)があり実際に見て試着ができ、服だけに限らずバッグや帽子、アクセサリーまでレンタル可能なので、トータルコーディネートが完成するとこです。
また取り扱いブランドもちゃんと有名店を抑え、普段手の出せないアッパーなブランドなんかもあり、ブランド数の多さ、商品点数1,000点と群を抜いています。

Laxus(ラクサス)

screenshot_2015_11_4 (4)

洋服ではなく、高級ブランドバックを専門としたレンタルサービスです。
やはり人気なバックはすぐにレンタルしてしまうので、いいなと思うものがあったら即レンタルしましょう!取り扱いブランドは、もちろんメジャーなブランドなので、安心して利用できるところが◎
もっと細かに取り扱いブランドを見ると、、、、
■ルイ・ヴィトン
シャネル
エルメス
グッチ
プラダ
ボッテガヴェネタ
ミュウミュウ
コーチ
クロエ
ゴヤール
バレンシアガ
が主なランナップだそうです。
著者も試しにアプリをダウンロードしてみましたが、バックもちゃんと流行を抑えていて、アプリの機能も使いやすいです。
結局高いバックを買っても飽きてしまったりしますから、そういった方や、外に出て働いているOLさんなどに良いサービスだな、と思いました!

 

\ SNSでシェアしよう! /

ririy|ファション、美容やコスメなど女性全般のトレンド情報発信メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ririy|ファション、美容やコスメなど女性全般のトレンド情報発信メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

sakura

sakura

約5年アシスタントを経験し、現在はフリーランスのスタイリスト。その傍ら、フリーランスのライターとしても並行して活動中。猫とファッションをこよなく愛するアラサー♡